予めルールを決めておきましょう

sdf89 FX取引きを1日の間で終了させるトレードを行う人たちをデイトレーダーと言います。部屋でインターネット回線とパソコンを使って取引していますが、以前は何台ものモニターに四六時中張り付いて取引を行うイメージがありました。しかし最近ではノートパソコン一台だけで、またはケータイやスマートフォンでも使える取引ツールを提供しているFX業者や証券会社も増えた為、外出先から24時間いつでも気の向いたままに取引するデイトレーダーも多くなってきています。

株取引と言うと何日も保有して配当金を貰うという投資スタイルを用いるスタイルですが、1日の中でFXのデイトレードでポジションを保有する時間は、だいだい、数十分~数時間程度といわれています。

新規注文を出して約定したら、その日のうちに利益確定するか損切りするか判断し、1回のトレードで30ポイント(pips)~100ポイント(pips)を目標に1日数回取引していきます。デイトレーダーによって異なりますが、数分間で取引を完結したりと、保有時間が短いほど為替レートの予測が容易ですが、ギャンブル色が強くなってしまうリスクがあります。
  
この行き着く先が数秒で終るトレードは、バイナリーオプションでワイバイナリーなどで参加できます。そこでお勧めなのが、海外バイナリーオプション業者のAustralia Highlowです。ハイロ―取引とは、購入した時の価格に幅(スプレッド)があるのでその幅よりも上がる(High)か下がる(Low)かを予想する取引です。この業者では取引は最短30秒と短期で、さらにペイアウトが2倍で固定されているので利益を出しやすく、毎日忙しい方にもおすすめです。

株取引のように長期間保有していると、起こりえるリスクが会社の倒産です。ストップ安が続いて売りたくても売れない状態が何日間か続くことがありますが、一日で取引を終了させているので倒産リスクが無いこともデイトレーダーの魅力です。FX自体も2国間の通貨の組み合わせを取引しているだけなので、倒産リスクが無いです。

その代わりその国の財政悪化による信用不安や戦争などの地政学リスクで大きな通貨安を招くことがあります。現物株では会社が倒産すると株価が0円になってしまいますが、FXではせいぜい3分の1程度になるだけです。また2010年2月の内閣府改正により全額信託保全が義務付けられ、投資家がFX会社に入金したお金は、万一FX会社が倒産したとしても全額守られるようになっています。

FXではその国の通貨がなくならない限り、価値が0になってしまうことが少ないです。デイトレードならそもそも信用不安や地政学リスクに巻き込まれることも少ないので、そのような事態が発生すると為替相場が乱高下するので、それを利用してデイトレードするデイトレーダーも多いです。

何年か前に起きたリーマンショックでは大きな為替相場の変動がありましたが、大きな稼ぎを得たデイトレーダーもあり、大きなは損失を抱えたデイトレーダーも存在しています。

時に大きな為替変動があるためにデイトレードをするのであれば損切りは大切です。損切りが苦手でズルズル保有したままだと、追加保証金が発生してしまうことがあります。デイトレードは持ち越ししないのであまりズルズル保有することは無いと思いますが、思惑が外れた時は損失が出ることを覚悟して、いち早く損切りでリスク回避できるよう、予めルールを決めておきましょう。



基本的な約束事

FXは基本的な約束事を理解していれば、誰でも手軽に始められるところがよいところです。一時期から、大ブームになり、専門家ではなく、一般家庭の主婦層にも広がっていきましたが、やがてリーマンショックなどで超円高に。

これにやられた方、大金を失った方はとても多かったことだろうと思います。最近は、また円安傾向になりつつありますが、このとき何とかもちこたえてきた米ドルをお持ちの方はほっと溜息をついていることともいます。115円ぐらいになるとまた売りが広がるかなと思います。